FIT-HACK活動ブログ

福岡工業大学 ネットワーク競技愛好会の部員が活動の様子を紹介します!

アクティブラーニングの重要性

どうも、ぶちょーです。

前回はネット面でのコミュニケーションの話をしましたが、今回は実際の勉強会のことをお話します。

現在、毎週月・土曜日にB37教室で情報セキュリティやプログラミング関係の勉強会を実施しています。

登壇者はサークルの幹部だったり、外部から人を呼んだりと様々です。

僕もたまーに前に立って、話すときもあります。

さて、現在の勉強会の内容として、サークル全体として以下のことを心がけるようにしています。

  • 1回聞いただけで全て分かるような内容にしない
  • 議論を行う時間を必ず取ること
  • 挙手ではなく、全員に意見を聞くこと

勉強会の難易度は毎回異なりますが、基本的には大学1年生をターゲットにしているので、それほど難しいことはしていません。

しかし、1回聞いただけで分かるような内容にしてしまうと、わざわざ教室を借りて、実施する必要がありません

なので、だいたい7割から8割の内容を教え、それ以外は個人的に学ぶことでマスターできるように構成しています。多分大学の授業もこんな感じで進めていると思います。

また、一方的に登壇者が話していても疲れますし、聞いている側も飽きてくるので、基本的に議論を行う時間を取っています。また、本学は、大学教育再生加速プログラムの一環としてアクティブラーニングにはかなり力を入れており、勉強会を行っているB37教室もその流れで机やイスが可動式になっていて、グループ学習を行うにはかなり最適です。

www.fit.ac.jp

しかし、コンセントの数が圧倒的に足りないので、大学職員の方でこの記事をご覧になっていたら、今すぐに電源タップを増やしてください。お願いします🙏

ちなみに、このように進めて行った結果なのか分かりませんが、現時点では幽霊部員は誰一人としていません!

今後もサークルという一つのチームを強化するため、頑張っていきます👍